切符予約方法

1.まず宿泊の部屋を選んで、会計のページ―にアクセスして、新幹線の注文を追加してください。
2.もし、宿泊の部屋が決まったら、切符の予約をクリックして、進めてください。

注意事項

  • プラン費用の標準
    ※ 本プランは宿泊予約サービスが提供した新幹線チケットの予約サービスなので、宿泊予約する時に、【宿泊予約の前払金】及び【新幹線の全額割引】を払わなければなりません。
    ※ 「優待切符」(シルバー割引、障害者割引、子供を含み)新幹線駅と同じ価格で、割引をしないこと。
  • プラン規制の説明
    ※ 新幹線往復切符の日付、時間、便を提供しますが、座席の予約が連続番号もしくは同じ車両になることに保証しないこと。
    ※ 便と座席は台湾HSRのシステムに準じ、乗客がラッシュアワーの間、座席の予約が成功すると保証しないとこと。
    ※当ホテルのシステムで予約した新幹線のチケットは各作業が本システムで操作しなければなりません。例えば:切符予約、座席予約、時間変更、更改車票(切符が取っていない状態のみ)、宿泊予約のキャンセル(ホテルの宿泊は新幹線のチケットは一緒にキャンセルしなければなりません)などであること。
  • 新幹線チケットの予約制限の説明について
    • 出発駅か到着駅がホテルにある地域で、切符予約が片道または往復チケットになり、標準とビジネス車両とも提供いたします。
    • 予約できる日付は【宿泊日の前の日】と【チェックアウトの日の翌日】の間です。
    • 追加購入の数は宿泊者の数と同じで、例えば、二人が宿泊すれば、いただくチケットの数量は往復2セットで、合計四枚です。(多くても、10セットで、合計20枚です)
    • 往復切符の予約時間は台湾HSRの規制により、少なくても28日前から、搭乗予定の便の発車時間の60分までである(特定祝日の方はもっと早めに予約することができるかもしれませんが、特定祝日ルールについて、台湾HSRのホームページに参照してください)。もし、5月1日に発車の便を予約する場合、4月4日の零時から予約することができます(実際予約できる便の時間は台湾HSRの規制に準じます)。往復チケットの予約可能日付は各ホテルがオープンした日付によります。例えば、ホテルの規制としては宿泊日の前の日もしくはチェックアウト日の翌日に予約できるとすれば、5月1日が宿泊日で、5月2日がチェックアウト日で、予約できる範囲は4月30日~5月3日になります。もし、宿泊日の予約は28日前、先に20%OFFのチケットを予約しておいて、座席予約ができた後、ホテルのシステムを通して、座席予約をすればよいです(チケットの予約は割引きが付いていますが、座席が保留されていないです。実際に座席予約することによります)。
    • ビジネス車両の南港-板橋、南港-台北、板橋-台北の往復はこういうような優待に適用していません。
  • 身分の説明:
    • 子供割引の説明:12才未満の子が子供切符を購入ことができ、身長 115cm 未満の子どもは、単独で席を利用しない限り無料です。無料となる子どもには成人のお客さまの同伴が必要です。お客さま 1 人がお連れになれる無料の子どもは 2 人までです。
  • 新幹線のチケットの予約説明
    1. 本システムはリアルタイムで会員の身分確認を提供していないので、まだ会員になっていない場合もしくは入力ミスであればポイントの累積ができません。
    2. 会員の加入及びポイントの説明につきましては、台湾HSRのホームページで確認してください。http://www.thsrc.com.tw/
  • 新幹線の切符取り及び宿泊予約をキャンセルする注意事項
    • 新幹線切符取り:
      • 切符取りは台湾HSRのチケット売り場もしくはKioskが設置されているコンビニで取ってください(少なくても30分前処理してください。祝日もしくはラッシュアワーはもっと前もって処理してください。)。コンビニでの切符取りは手続費用が掛かります(切符ごとに10元、往復切符は20元です)。
      • 予約の内容の中にシルバー&障碍者割引の切符があったら、駅の自販機で切符取りをすることができないので、駅の窓口もしくは当社と提携しているコンビニで支払い、切符取りをしてください。切符取りをする時、、搭乗者の身分証明を検査しなければなりません。
      • 子供切符の方は身長が150センチで、12歳未満が条件です。もしくは身長が115センチ超えで6歳未満の子は身分証明を提出しなければなりません。
      • 乗車時間を注意して、事前に切符取りの手続きを終わらせてください。切符取りに間に合わなかくて、搭乗できない場合は、払い戻しができません。
      • 優待切符を購買する乗客は、もし有効的な証明を提供しなければ、台湾HSRの規制により、処理いたします。
    • 切符時間の変更:
      もし、切符の内容は延期、変更などの要求があったら、下記に述べている状況で処理してください。
      • 切符を取っていない場合:注文番号とパスワードでシステムにログインして、再予約すればよいです。
      • 切符を取った場合:このプランの中、新幹線の切符を追加購入したら、オンラインで変更するもしくはキャンセルするもできなく、少なくても発車30分前、切符を持って新幹線のカウンターで変更処理しなければなりません。もしくは発車30分前、切符を持って新幹線のカウンターかコンビニで払い戻しの作業を進めてもっよいです。乗車時間を注意して、事前に切符取りの手続きを終わらせてください。切符取りに間に合わなかくて、搭乗できない場合は、払い戻しができません。
    • 宿泊予約のキャンセル:
      • 新幹線の切符が予約済みで切符を取っていない、新幹線の切符が予約済で切符を取っていない場合:発車する30分前、注文番号及びパスワードで宿泊予約システムにログインして、自分でキャンセルしてください。
      • 新幹線の切符が予約済みで切符も取った場合:少なくても発車する30分前、新幹線のカウンターへ行って、払い戻しを処理してください。手続費用は切符ごとに20元です(コンビニで切符を取った場合、コンビニで払い戻しの作業をしてください。手続費用は切符ごとに20元です)。払い戻しをした後の30分後、退票完成30分鐘後,もう一度注文番号及びパスワードで宿泊予約システムにログインして、自分でキャンセルしてください。ホテルは宿泊予約の前払金に対して、払い戻し処理をするしかありません(「觀光旅館業個別旅客直接宿泊予約定型化契約條件」の規制により、払い戻しの作業を致します)。
      • もし、ホテルの宿泊予約をキャンセルするなら、新幹線のチケットを一緒に払い戻しをしなければならなくて、ホテルの宿泊予約のみをキャンセルすることができません。
      • チケット及び費用の払い戻しはジャストスリープ高雄中正館台湾HSRの規制により処理を致します。
  • ジャストスリープ高雄中正館台湾HSRと調整もしくは本プランを中止する権利があります。
  • 新幹線&ホテルコンボチケットのプラン「個人情報の保護法」のパブリックステートメント